×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

直線上に配置


ブレーキライン強化(ガラステープ拘束)

踏み始めはノーマルと分かりません。踏み込んでいくとロックまでの踏み代は減っています。
その分踏み始めの効きが悪くなったように感じます。これはある程度踏み込むと、
今までよりもきっちり感が出ている証拠だと思います。この部分がテフロンに金属メッシュホースなら
踏み初めからこの感覚がきっと味わえるんでしょうね。そこは慣れと我慢?
踏み初めがシビアで無い分、コントロール性は上がったように感じます。
交換前画像

タイヤを取り外した写真です。
説明不要ですね。
ゴムラインです。

時期的にスタッドレスを付けたくなりますが、
まだちょっと早いです。
そのタイミングでやると効率的ではありましたが・・・。
ガラステープを巻きつけました。
きっちり巻きましたが、緩む可能性もありますね。
また、強力なテンションを掛けては巻けないので
膨らむのを少し抑える程度でしょうか。
上の処置でも大丈夫そうでしたが、
一応破れ、緩みを少しでも低減するため
スパイラルチューブを巻きつけました。
ブレーキからの熱等耐候性は不明です。
(タイラップバンドも同じく)

作業は当然、4輪すべて実施しましたが、省略します。
場所では、右リヤが一番やりにくかったです。

使用したガラステープです。
ケバは基本的に幅方向のみですので、
非常に巻きやすいテープです。
(株式会社大成製作所の製品です。)1260円
一応耐候性試験実施です。
(タイラップバンドでスパイラルテープを
家の外のフェンスに止めました)
スタッドレス取替えのタイミングでまた確認します。

道変僕なVitz

直線上に配置